« 派遣会社に登録するメリット | メイン | 派遣社員ならではの職場トラブル »

派遣社員として働くデメリット

転職や再就職を考える時に複数の派遣会社に登録し、
自分の希望の仕事を探す人も増えていますが、
派遣社員として働くデメリットについてもきちんと押さえておく必要があります。


派遣会社を選ぶ時、どんなに良い大手の派遣会社であっても、
自分に合う仕事が少なければ紹介してもらえないので、
まず何故派遣会社を利用するのかを考えるのも大切になってきます。

シビアな言い回しかもしれませんが、
どうしても企業や会社にとって、「派遣社員は使い捨て」という位置付けです。


自分のライフスタイルを重視するなら、
それでも問題は無いのですが、長期的に企業や会社に存在してこそ
自分のキャリアを積む価値があると考えるのなら、
派遣社員としてではなく、直接雇用のパートや契約社員の仕事を探すか、
キッパリ正社員を目指す方がいいかもしれません。


派遣社員は派遣先企業によって、
差別のようなものを受け易い、
というのをデメリットのひとつとして挙げている人もいます。

また、時給制なので年末年始、GW、お盆などがあると収入が下がる、
突然契約を切られることもある、というのもその他のデメリットです。

これらのデメリットを把握しながら、
派遣社員としての仕事を選ぶ方が
それぞれの派遣会社の性質や特徴も分かりやすいのではないでしょうか?

About

2007年09月24日 19:59に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「派遣会社に登録するメリット」です。

次の投稿は「派遣社員ならではの職場トラブル」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。